FC2ブログ
--/--/--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2009/06/19.Fri

考えるコト

おはようございます♪

昨日は、病院で定期健診でした。

尿中蛋白一日量が0.41gと良好でした♪良かった。
お薬も1錠減って、50mg。
1ヶ月10mgのペースで減らしているので、お薬がなくなるまであと5ヶ月です!

ただ、昨日は・・・
総蛋白の数値が6.6とアルブミンが4.1。
もう少し上がってくれたら良いのだけど・・・。


昨日は、臓器移植法案のA案が可決されましたね。
私は、難しい事はわからないし、テレビをチラチラ見てるだけなのですが・・・

ただ、病気で苦しんでる小さい子たちに生きてく希望ができたのは
私は良い事なんだって信じてます。

日本には、充分に可能な技術があるにも関わらず
体力的にギリギリのところで頑張ってる子供たちが
命をすり減らしながら海外に行って
それで手術がうまくいったら良いのですが
亡くなってしまう子供たちもいますよね。
あんな映像見るたびに、切なかったです。

海外の子供の心臓は移植しても良いけど
日本の子供の心臓はダメなんて・・・それは違うんじゃない・・・って気がしてました。

もちろん、脳死状態のお子さんがいらっしゃるご両親が
そこに「生」があると信じて、共に「生きていく」と決める
それもひとつの家族のあり方だって私は思います。
その家族を、誰も否定できません。


もうひとつの選択として、「移植を了承する」って形もあるのだと思います。
私には子供はいないので、そういう立場にならなければわかりませんが・・・
もし、同じ立場になって
もう絶対・・・動かないし喋れません。元には戻りません。
そう言われてしまったら・・・
移植して欲しいと思う・・・かも・・・しれません。・・・わからないですけど・・・。

そういう形でもいいから、誰かの身体の一部になって
「生きてる」って考え方もあるんじゃないかと思います。
そして、移植した子が、その後の人生を幸せに生きていってくれたら
「救われる」気がします。
そういう考え方もあると思います。

十人十色、色んな考え方があって当然だと思います。
その選択に正解も不正解もありませんよね。絶対。

ただ、「脳死」の判定については、しっかりと判定して欲しいと思います。
お医者さんだけが判定するのはやっぱり変です。
冷静に見ることができる、第三者がしっかり判断してくれる事がとっても大事だと思います。


今回のニュースとか見ていて
「臓器提供意思表示カード」ってありますが
自分自身もああいうのをちゃんと考えなきゃいけないのかなぁってちょっと思います。
・・・まぁ、病気満載の私の臓器が使えるのかどうかわかりませんが・・・笑

「死生観」について考えることは、やっぱり怖いことです。
「死」について考える事は、とても後ろ向きでいけない事のような・・・そんな気がしてしまいますが

生まれてきたからには、絶対いつかは死にます。

死について考えることが、どう生きたいか?に繋がっていくんじゃないでしょうか?

ホントは、とっても大事な事なのかもしれないです。


臓器移植法案が、「死」を受け入れなければならない側にとっても
「生」を繋いでもらう側にとっても
両者の立場にとって、必要で意味のある
お互いの精神面と肉体面の「救い」となってくれる法案になってくれたらいいなって思います。
スポンサーサイト
日記 | Comments(4) | Trackback(0)
Comment
No title
まろんさん、持病をお持ちだったんですね。。。
お薬がなくなるまで、頑張ってください!

私は、しばらく放置してしまってちゃんと治さなくって、ちょっとだけ障害が残ってしまった部分があります。

1年に1回ですが、定期健診にも行っています。

しっかり病気と向き合うのって大事ですよね。
10代や20歳ソコソコの時の私には分からなくって、周りの人にたくさん迷惑をかけてしまいました。

まろんさんにも、守ってくれる人がたくさんいると思うので、その人達のタメにも、しっかり治る事を祈っています。

臓器移植の話。。。私もニュースでちらちら見てました。
臓器を提供するほうの気持ち、提供されるほうの気持ち、たくさん考えなければいけない事があるけれど、苦しんでいる人の力になったらいぃですよね♪
No title
昨日はわたしもニュースを見て考えさせられたよ。
臓器提供を待っている子や家族と、脳死は『死』じゃないと訴える家族。どちらも大切な命に変わりない
からこそ、答えの出ない問題なんだよね。
A案が必ずしも正しいとは思わないし、万が一同じ立場になった場合どういう考え方をするのかもわからないけど、答えの出ない問題だからこそきっぱりと法律で決めて欲しいと思ったりもするよ。
現状はすべて本人や家族の意思に委ねられていて、
政治家達がこの問題に白黒ハッキリつけることから逃げていた感じがするよ。
だから当事者が臓器提供するか、しないかのどちらを選択しても何か心残りだったり、
罪悪感が感じられる結果になってしまうのかなって思う。
法律で『死』というラインをしっかり決めてくれたらそこを基準にもっと本人や家族は考えることが出来るだろうなってわたしは思うんだー。
でも、ひとつ重要なのはそんな大事なことを今のいい加減で支持率も低いような政治家達に決めて欲しくないね!
この問題を語って法律を変えれるのは国民から信頼された人達だけだと思うよ~i-231
No title
E&Mさんも病気でご苦労されてるんですね~。
ワタシもどちらかと言うと、長い間ほったらかし状態でした。
後悔することも多いですが・・・未だに、意思が弱くってダメです。
お互い頑張りましょうね!!
No title
ニュース見てると、日本って大丈夫なのかしら?って思う事ばかりだよね。
良い国だと思うんだけど・・・政治に関しては変!って思う事ばかりだよ。
難しい事はわかんないけど
ワタシみたいに、新聞も読まないような主婦でも変!って思っちゃうような法律じゃダメだよね。
危険運転致死罪の法律なんかもそうだけど
心のある法律づくりをして欲しいよね。


管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。