FC2ブログ
2008/08/30.Sat

徳島&香川の旅 ~渦潮グルグル うどん満喫の旅~ №2

渦潮を満喫した後は、バスに乗って鳴門駅へ。


鳴門駅から高松駅へ向かいます。


鳴門駅


こんな電車に乗りました。
鳴門駅2


電車のシートも地元の電車と似てて懐かしい♪
鳴門駅3



途中で特急に乗り換えて、1時間程度で高松に到着しました。
高松駅

高松って凄い都会! びっくりました!
高松駅2


高松駅から琴電に乗って、瓦町へ。
高松市の繁華街みたいです。
宿泊するビジネスホテルに荷物を預けて、早速晩ご飯を食べに出かけました♪♪♪

晩ご飯は、「骨付鳥 一鶴」と言うお店にしてみました。
香川県のお店で有名らしく、鶏好きの旦那さんが喜ぶかも~とこのお店を選びました。
(でも、旦那さんは鶏は好きですが、骨付き鶏は嫌いなので微妙です。笑)
ちなみに、大阪にも店舗があったりします

店内に入ると、凄い混んでる!!
5組くらいの人たちが待ってました。

平日なのに・・・と思いながらも待っていると、10分もしないうちに席に通されました。
回転率は早い!

と言うのも、このお店のメインのメニュー
●おやどり ●ひなどり そして、●とりめし

これにサラダとお酒を加えて注文しました。

一鶴
骨付きのもも肉が1本出てきます。
左がおやどりで、右がひなどり。

おやどりは噛みごたえ充分!
ひなどりは柔らかくてジューシー!
食べ比べて見ると全く違います。
スパイシーな味付けで、お酒が好きな人は嬉しいと思います。

私は、おやどり好みで、旦那さんはひなどり好み。
それぞれでいただきました。

しっかり1本まるまる完食
おやどりは、個人的にはまってしまうお味で美味しかった!!

旦那さん曰く、隣にいたカップルの女性が
“よく食べるなぁ~”って顔で私を見ていたらしいです。笑

とりめしの方も味がしっかりしていて美味しかったです。





このお店では、ちょっとした事件が・・・。

食事中に正面に座っていたカップル。
店の入り口で席が空くのを座って待っていたとき、私の隣に座っていました。
会話が聞こえてきたのでわかったのですが
どうやら喧嘩中らしく、女性がハンカチで目元をぬぐう仕草。
私は興味津々。耳ダンボ。笑

どちらも30代後半って感じのカップル。女性は男性に敬語で話しています。
だから、決してヒステリックな喧嘩や言い争いではありません。
落ち着いて話しているので、周りの人たちは喧嘩しているとはほとんど気づいてなかったと
思います。
食事中も観察していたおバカな私

怒っているのはどうやら男性のようです。
ごくたまにお互い笑顔もあったのですが、やはり雰囲気はあまり良くなくて・・・
男性はもくもくと食べています。
女性は下を向いて、明らかにウルウルしています。

喧嘩の事情は全然わからなかったのですが
個人的にはこの男性どうなの?!と思いながら見てました。
だって、30代後半って大人な年齢。
それなのに、こんな公衆の面前で泣かせてるコト事態どうなんでしょうか??
泣いてるのにフツウに入店して
料理注文して、食べながら、でもまだ怒ってるって・・・。
食事のタイミング、完全に間違ってない?!と思いながら見てました。
食べながら怒るって無神経過ぎる気が・・・。
食事は楽しく美味しく食べる物であって
怒りながらなんて最悪です。
食事を作った人、食材を作った人に失礼だわ

どんな事情があるにせよ、こういう男性って個人的には嫌い(・・・と言うか、大嫌い)です。

そして、注文して10分くらいでしょうか?!
「私、帰ります!」
そう言って、女性が席を立ってスタスタとエレベーターの方へ。
男性は「えっ?」って感じでびっくりして
そのまま後を追いかけます。
結局、女性はそのままエレベーターで下に降りてしまったので
男性は一旦席に戻ってほとんど手付かずの料理をお会計して帰っていきました。

あのカップル、結局どうなったのでしょうか?!
お店からの帰り道、旦那さんと
「どこかあの後お店に入って、話し合ったんじゃない??」とか推理しながら帰ってました。笑

こんな事件もあり、いろんな意味で気の抜けないとっても楽しい1日でした(≧∇≦)v


→№3へ続く
スポンサーサイト



旅行記 | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示